2006年10月04日

ダメな話し方パターン5 他人の批判

在宅ワークを実行していることで自尊心を育てることが出来ています。

SOHOであることで、時間のゆとりを手に入れました。

素晴らしいビジネスチャンスに出会い、将来の不安など皆無です。


本題に入ります。


他人を批判する人は自尊心に欠けていることは間違いないでしょう。

自分自身、他人の批判をしてしまった時には自分に自信のない部分があることに気づく

自尊心のある人は他人を批判するようなことは口にしない。

自分の周りにそういう人が居るし、その人は他人の批判を口にしない。

自分の価値観だけで他人を見てはいけない。他人を見るときはいつも

敬意を払い良いところだけを見るべきである。


共感できましたらばワンクリックよろしく(・ω・)/ブログランキン 
グ
posted by ブルースメ〜ン♪ at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 成功へのプロセス(対人術の勉強) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダメな話し方パターン4 辛い話を聞いて欲しい

在宅ワークやSOHOは稼ぐ方法として成り立つのか?

それは調べてみなければわからないだろう。

数多くの在宅ワークやSOHOが存在するし、

やる気がある人ならどんな在宅ワークやSOHOでも稼ぐことはできるだろう。

稼ぎたいという気持ちがあるのなら調べてみることだ。


本題に入ります。


人間の中には自分の辛い話をして他人に同情して欲しがる人たちがいる。

それがちょっとしたことでも、辛い話をよく口にする人は

きっと周りから頼りにされることはないだろう。

もし頼りにされたいと思うなら、

相手に辛い話をすべきではない。

辛い話は相手にネガティブな印象を強制的に与えてしまう。

ネガティブと結びつけられた人は他人とのコミュニケーションに

良い物を得ることはないだろう。

人々の同情が欲しいと感じた場合は、

自分にはなぜ他人の同情が必要なのかを考えよう。

辛い話は専門家に話すべきだ。

周りの人に辛い話をしても相手の気分を暗くさせるだけなのだから。


共感できましたらばワンクリックよろしく(・ω・)/ブログランキン 
グ
posted by ブルースメ〜ン♪ at 20:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 成功へのプロセス(対人術の勉強) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダメな話し方パターン3 「〇〇の方がいい」

在宅ワークとSOHOの利点は時間効率が良く優良なビジネス性で成り立っていること。

逆に言えば、時間効率の悪さと不安なビジネス性が含まれる

在宅ワークなどは避けるのが良い。

一日中働いて一万円という収入の在宅ワークはビジネスではなくただの内職に過ぎない。

1日にやるべき仕事は他にもあるのだから。


本題に入ります。


「〇〇のほうがいい」というフレーズを使っている人は、

どんな場合であっても相手よりも優位な立場であることを示したい人である。

より良いコミュニケーションを行いたいと考える人は、

お互いの理解を導き出せりように努めているのだから。

「〇〇の方がいい」というフレーズは使わない。

もし相手が劣等感を感じれば、

ラポートは崩れコミュニケーションの絆はそこで消えてしまうだろう。


共感できましたらばワンクリックよろしく(・ω・)/ブログランキン 
グ
posted by ブルースメ〜ン♪ at 14:11| Comment(0) | TrackBack(1) | 成功へのプロセス(対人術の勉強) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダメな話し方パターン2 自分の体験と比較する

在宅ワークやSOHOを実行する人が増えてきてるようですね。

何でも国会議員の方も在宅ワークやSOHOを肯定しているそうです。

お金がない理由を探すよりも、

お金を稼ぐ方法を探すことのほうが未来が明るいですよね☆


本題に入ります。


相手が自分と同じような体験を口にした場合、

すぐに自分の体験談を相手に話てはいないだろうか?

さも、「あなたの気持ちが良く解る」といわんかのように…

でも相手にしてみたら、

「話を聞いて欲しいだけなのにあなたの昔話に同情しなければならないの?」

てことになりかねない。

相手の話にそっと耳を添えてあげよう。

無用な同情は相手に不快感をあたえるだけだ。


共感できましたらばワンクリックよろしく(・ω・)/ブログランキン 
グ
posted by ブルースメ〜ン♪ at 09:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 成功へのプロセス(対人術の勉強) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダメな話し方パターン1 議論好きな人

在宅ワークを始めてから金銭面ではなく

精神的に自信がもてるようになりました。

人を思いやる気持ちをたくさん学んで生きたいと考えてている今日この頃です。

さて、本題に入ります。

普通の人は会話をする際に、議論や否定をするのが好きなものです。

与党、野党がそうであるようにね。

同じ党内でも議論や反論は絶えないのが今の世の中だし、

身の回りでも議論や反論は絶えない。

さて、その空間に一つでも笑顔はあるだろうか?

ポジティブな空気だろうか?

生産的な会話はあるのだろうか?

テレビを付けると議論や反論をする人の姿を見るが、

見ていて両者が分かり合おうとする姿はあるのだろうか?


「でも」や「しかし」の反対意見はラポートを崩壊させてしまう。


反対意見を言いたいことももちろんあるだろう。

その時は、反対意見の効果的な表明の仕方を間違えてはいけない。


共感できましたらばワンクリックよろしく(・ω・)/ブログランキン 
グ
posted by ブルースメ〜ン♪ at 08:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 成功へのプロセス(対人術の勉強) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。