2006年09月30日

ミステイクその1 相手と競争して勝とうとする

女性「今日は散々だったわ。一時間も渋滞に捕まっちゃったのよ」

男「そんなの大したことないよ。俺なんか2時間も渋滞にはまっちゃったんだから」

こんな会話をすると女性を傷つけてしまい、

ラポート(親密な意思疎通が出来ている関係)を寸断して

コミュニケーションをそこで終わらせてしまっている。

相手を傷つけずに良い感じの会話をするには、

自分の似たような体験を話す前に、相手の話を最後まで聞き出すことだ。

それができなければ最悪相手に嫌われてしまうだろう。

まぁ嫌われたいのならそれでいいのだが、

そうしないためにどういう会話をしたらいいのか。

人間関係を良くしようと考えるのなら、相手の話を聞く際に「自分の殻から抜け出る」こと。そして、

相手の不安や欲求に耳を貸してあげることが大切だ。

いったん胸のうちにたまったものをすべてはきださせるこが出来たら

自分の話をしても相手は不快に感じたりしないし、

むしろ問題から脱出できてすっきりさせてあげることができるだろう。


同時に複数のメッセージを伝えようとするのは重大な間違いなのである。
posted by ブルースメ〜ン♪ at 13:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 成功へのプロセス(対人術の勉強) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。