2006年10月04日

ダメな話し方パターン4 辛い話を聞いて欲しい

在宅ワークやSOHOは稼ぐ方法として成り立つのか?

それは調べてみなければわからないだろう。

数多くの在宅ワークやSOHOが存在するし、

やる気がある人ならどんな在宅ワークやSOHOでも稼ぐことはできるだろう。

稼ぎたいという気持ちがあるのなら調べてみることだ。


本題に入ります。


人間の中には自分の辛い話をして他人に同情して欲しがる人たちがいる。

それがちょっとしたことでも、辛い話をよく口にする人は

きっと周りから頼りにされることはないだろう。

もし頼りにされたいと思うなら、

相手に辛い話をすべきではない。

辛い話は相手にネガティブな印象を強制的に与えてしまう。

ネガティブと結びつけられた人は他人とのコミュニケーションに

良い物を得ることはないだろう。

人々の同情が欲しいと感じた場合は、

自分にはなぜ他人の同情が必要なのかを考えよう。

辛い話は専門家に話すべきだ。

周りの人に辛い話をしても相手の気分を暗くさせるだけなのだから。


共感できましたらばワンクリックよろしく(・ω・)/ブログランキン 
グ
posted by ブルースメ〜ン♪ at 20:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 成功へのプロセス(対人術の勉強) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダメな話し方パターン3 「〇〇の方がいい」

在宅ワークとSOHOの利点は時間効率が良く優良なビジネス性で成り立っていること。

逆に言えば、時間効率の悪さと不安なビジネス性が含まれる

在宅ワークなどは避けるのが良い。

一日中働いて一万円という収入の在宅ワークはビジネスではなくただの内職に過ぎない。

1日にやるべき仕事は他にもあるのだから。


本題に入ります。


「〇〇のほうがいい」というフレーズを使っている人は、

どんな場合であっても相手よりも優位な立場であることを示したい人である。

より良いコミュニケーションを行いたいと考える人は、

お互いの理解を導き出せりように努めているのだから。

「〇〇の方がいい」というフレーズは使わない。

もし相手が劣等感を感じれば、

ラポートは崩れコミュニケーションの絆はそこで消えてしまうだろう。


共感できましたらばワンクリックよろしく(・ω・)/ブログランキン 
グ
posted by ブルースメ〜ン♪ at 14:11| Comment(0) | TrackBack(1) | 成功へのプロセス(対人術の勉強) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダメな話し方パターン2 自分の体験と比較する

在宅ワークやSOHOを実行する人が増えてきてるようですね。

何でも国会議員の方も在宅ワークやSOHOを肯定しているそうです。

お金がない理由を探すよりも、

お金を稼ぐ方法を探すことのほうが未来が明るいですよね☆


本題に入ります。


相手が自分と同じような体験を口にした場合、

すぐに自分の体験談を相手に話てはいないだろうか?

さも、「あなたの気持ちが良く解る」といわんかのように…

でも相手にしてみたら、

「話を聞いて欲しいだけなのにあなたの昔話に同情しなければならないの?」

てことになりかねない。

相手の話にそっと耳を添えてあげよう。

無用な同情は相手に不快感をあたえるだけだ。


共感できましたらばワンクリックよろしく(・ω・)/ブログランキン 
グ
posted by ブルースメ〜ン♪ at 09:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 成功へのプロセス(対人術の勉強) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダメな話し方パターン1 議論好きな人

在宅ワークを始めてから金銭面ではなく

精神的に自信がもてるようになりました。

人を思いやる気持ちをたくさん学んで生きたいと考えてている今日この頃です。

さて、本題に入ります。

普通の人は会話をする際に、議論や否定をするのが好きなものです。

与党、野党がそうであるようにね。

同じ党内でも議論や反論は絶えないのが今の世の中だし、

身の回りでも議論や反論は絶えない。

さて、その空間に一つでも笑顔はあるだろうか?

ポジティブな空気だろうか?

生産的な会話はあるのだろうか?

テレビを付けると議論や反論をする人の姿を見るが、

見ていて両者が分かり合おうとする姿はあるのだろうか?


「でも」や「しかし」の反対意見はラポートを崩壊させてしまう。


反対意見を言いたいことももちろんあるだろう。

その時は、反対意見の効果的な表明の仕方を間違えてはいけない。


共感できましたらばワンクリックよろしく(・ω・)/ブログランキン 
グ
posted by ブルースメ〜ン♪ at 08:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 成功へのプロセス(対人術の勉強) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月02日

好感度を下げる会話

簡潔でない話や、ネガティブな話題。興味をひく言葉を使わない会話には

ほとほと集中力がかけるもの。

それは相手にしてみても同じだということを覚えておこう。

相手に使っている言葉は適切なものなのか、簡潔に説明しているか、ネガティブな話題をしていないかを

気をつけるだけでも、自分の会話はポジティブな空気を作ることができるだろう。

常に気を配ることは相手を常に会話の中心に持っていくことだ。



共感できましたらばワンクリックよろしく(・ω・)/ブログランキン 
グ
posted by ブルースメ〜ン♪ at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 成功へのプロセス(対人術の勉強) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

常に相手が正しいことを認めてあげる

相手が間違っていると感じた場合、なりふり構わずに否定的な発言をしていないだろうか?

それは少し考えてみよう。

相手を否定的な言葉で攻め、相手にネガティブな印象を与えてその後のコミュニケーションを

ぶち壊しにすることほど馬鹿げたことはない。

それは自分の人間性が問われる場面である。

相手が間違っているのでは?と感じた場合には一呼吸置こう。

あなたの中にポジティブな空気を一度作るのだ。

相手の銃口がこちらに向いている場合は、相手に敬意を払うようなフレーズを使うことで

自分にむけられた銃口を相手の内面に向けさせることができるのだ。

相手に誠意ある言葉を使うことで、相手が正しいことを認めて

良いコミュニケーションが生まれる空気をつくろう。


共感できましたらばワンクリックよろしく(・ω・)/ブログランキン 
グ
posted by ブルースメ〜ン♪ at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 成功へのプロセス(対人術の勉強) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

誰もが耳を傾けてくれる

自分が優越感を感じている陰で誰かが劣等感を感じている。

ということを覚えておこう。

コミュニケーションで重要なのは自分が相手に対してどういうスタンスで望んでいるか。

相手を傷つけるような話し方はするべきではない。

相手の良いところを探し出し、そこを誉めてあげよう。

人には最低3つは良い部分があるはすなのだから。

まず良いところを探し出す癖を付けよう。

相手を傷つけるような会話をしても、相手も自分も何も得るものはない。

良いコミュニケーションを取れない人間性は仲間を遠ざけることになる。

だから人を傷つけるような話し方はするべきではないのだ。

人と会話をするときは、相手を尊重し誠意を持って接することこそ

誰もが自分の話に耳を傾けるコミュニケーションの秘訣なのだ。


共感できましたらばワンクリック(・ω・)/お願いしますブログランキン 
グ
posted by ブルースメ〜ン♪ at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 成功へのプロセス(対人術の勉強) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

相手に心地よくさせる話し方

相手を心地よく感じさせる話し方って何だろう。

知り合いには何度も話をしたい人がいるはずだ。

何故だろう?

その人はきっと自分の話に対して誠実であることが伝わってくるからじゃないだろうか。

相手の誠意が伝わってくるととても気持ちがいいものだ。

要するにそういう話し方をするのが相手を心地よく感じさせる話し方なのだ。

誠実さと誠意を持って相手との会話に身を入れよう。

相手にとって最終的に気持ちよく会話を終わらせることが出来れば、

その相手はまたあなたの話を聞いてくれるだろう。


共感できましたらばワンクリック(・ω・)/ブログランキン 
グ
posted by ブルースメ〜ン♪ at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 成功へのプロセス(対人術の勉強) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最高のポジティブ話法

誰もが自分に耳を傾ける最高のポジティブになる話し方を身につける。

誰の話にでも耳を傾けることができれば、相手は自分との会話にポジティブな印象を受ける。

そうやって自分の会話にポジティブな印象を受ける相手が増えれば、

自分の周りはポジティブな空気で包まれる。

ポジティブな空気で包まれることが自分のライフスタイルに

どれほどの成功をもたらしてくれるか想像してみよう。

共感できましたらばワンクリック(・ω・)/宜しく☆ブログランキン 
グ
posted by ブルースメ〜ン♪ at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 成功へのプロセス(対人術の勉強) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月01日

常に「ポジティブに話す」

相手の質問が自分にとってネガティブだった場合

(例えば「仕事は好き?」ときかれて自分は仕事が嫌いな場合とかね)

そんな時でもポジティブに答えることを心がけること。

ストレートに答えて相手の気分を悪くすることは楽しい会話には必要がないのだから。

よりポジティブに感じてもらえるように、相手の質問に

否定的なフレーズを使わずに答えて、

すぐに相手を会話の中心に戻すようにしよう。

そのことについて、より深く質問されれば、素直に答えればいいだろう。

その時もポジティブなフレーズを使って答えることが重要だ。

共感できましたらばワンクリック(・ω・)/ブログランキン 
グ
posted by ブルースメ〜ン♪ at 15:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 成功へのプロセス(対人術の勉強) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「相手」を会話の主人公に

自分の事を話すのは良いが話し過ぎるのは良くないことだ。

常に相手を会話の中心にするように心がける。

相手は自分のことをもっと話したいと思っているのだ、

だから質問されたら簡単に答えてすぐに

相手を会話の中心に戻すことを心がけよう。

気をつけたいのは、質問を質問でかえさないようにする事、

相手の質問にちゃんと答えて話しの中心を相手に戻すことが重要なのだ。

相手に好きな話しを好きなだけさせて会話を楽しんでもらおう。

共感できましたらばワンクリック(・ω・)/ブログランキン 
グ
posted by ブルースメ〜ン♪ at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 成功へのプロセス(対人術の勉強) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ちょっとした言葉使いの違いで結果は大きく変わる

「私は」から始まる話し方はよすこと。

相手のことを知りたいのなら相手へ質問するのが先が良いのである。

この順番で相手に関心があるのかどうかを伝えることができるのだから。

相手が興味あることを探し出しそれを話題に相手のことをもっと知ることのできる会話をしよう。

自分のことを話すのは相手に聞かれてから話せばいいし、自分のことを話すのは少しでいいので、

すぐに相手へ話す機会を与える。

相手主体で会話をする事が良い会話になるのだ。

よりポジティブに、より相手に関心を持つ。

共感できましたらばワンクリック(・ω・)/ブログランキン 
グ
posted by ブルースメ〜ン♪ at 14:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 成功へのプロセス(対人術の勉強) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

下手な会話「相手の好み」に無関心

良い会話とは相手への関心を相手に伝えながら、

相手の話題に集中したポジティブな話し方である。

相手の好みをまったく無視して自分本位の話し方はお互いの間にズレを生じさせる。

話す内容は同じでも、話しかた次第で結果は大きく変わるのだ。


気をつけることは、自分が持つ相手のイメージを決定した話し方をしないこと。

相手の考え方や好みが分からないうちに

相手の考えや好みを決定付けるような話し方はよすべきだ。


例えば、恋愛映画について話す相手に

「ホラー映画は好きじゃないんですか?」

とかね。これは、相手にホラー映画は好きじゃないんだよねと言っているようなもの。

そういう場合は

「ホラー映画はどうですか?」とか「恋愛映画以外に好きなジャンルの映画は?」が好ましい。

まぁ、相手が恋愛映画についてもっと話したいという感じのときは、

その話題で盛り上がること。無理に話題を変えるのは良くないことだ。

共感できましたらばワンクリック(・ω・)/ブログランキン 
グ
posted by ブルースメ〜ン♪ at 14:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 成功へのプロセス(対人術の勉強) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

上手な会話「苦手なこと」を会話の中に入れる

完璧な人間なんて世の中にはいない。自分を完璧に見せようと話をする人ほど

滑稽で相手に煙たがられる人はいない。そういう人はとても不自然に見えてしょうがない。

会話の中で自分の苦手なことを暴露することで、自然体の自分を相手に伝えること。

初対面の相手にする会話はつねにポジティブな話題と姿勢で取り組もう。

なので「苦手なこと」と言うのは、

手先が不器用だったりだとか、走るのは得意だけど球技は苦手とか、

そういうことで良いのである。

が、そういうことを会話に入れるか入れないかで

相手が自分に感じる魅力は大きく変わることになる。

共感できましたらばワンクリック(・ω・)/ブログランキン 
グ
posted by ブルースメ〜ン♪ at 13:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 成功へのプロセス(対人術の勉強) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

初対面の状況はグッドチャンス

初対面という状況を苦手に感じている人がいるが実は、

初対面という状況は会話をするにはもってこいの状況。

何故か?相手のことを知らないのだから、質問がいっぱいできるから。

相手に質問すれば、その答えを話題にすれは良いのだから。

どんな趣味がるのか?どんな料理が好きなのか?どんな仕事をしているのか?

相手のことを知るためにできる質問はたくさんあるはずだ。

ただし、家族や将来の話は初対面の相手にはよしておこう。

何かしらストレスに感じている可能性がある質問はよしておくべきだ。

共感できましたらばワンクリック(・ω・)/ブログランキン 
グ
posted by ブルースメ〜ン♪ at 13:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 成功へのプロセス(対人術の勉強) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「説明上手の人」

話の途中、自分のことについてダラダラ長ったらしいく話すのはよそう。
周りはダラダラ長ったらしい説明じみた話にはうんざりするものだ。

自分のことや自分の体験について簡潔に説明できるようにすること。

そうすることでコミュニケーションの仕方も大きく変わることになる。


簡単なエクササイズ。

1.最近読んだ本や、映画のストーリーを思い出す。

2.2分間で、その本や映画を声にだして説明してみる。

3.いったん休憩を入れたら、今度は一分間でその本や映画を声に出して説明してみる

4.もう一度休憩を入れたら、今度は30秒間でその本や映画を声に出して説明してみる。


共感できましたらばワンクリック(・ω・)/ブログランキン 
グ
posted by ブルースメ〜ン♪ at 13:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 成功へのプロセス(対人術の勉強) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「会話のスピード」が与える効果

「早いペース」で話す人は、視覚重視型の傾向あり。

早いペースで話す人は視たものが口にすぐ出るタイプ。


「中くらいのペース」で話す人は自然なコミュニケーションをしている場合がほとんど。

自分が何を言っているかわかっていて、
相手がどい感じているか把握している。


「遅いペース」で話す人は、感情型のコミュニケーター。

相手に対して繊細で、相手のいうことにかなりの注意を向けている。


さて、重要なのは初対面の相手の話すペースに合わせることだ。

早いペースの人には早いペースで中くらいのペースの人には中くらいのペースで、というふうに。

そうすることで相手の自分に対する印象はよりポジティブになる。

相手との共通点も多く見つけることができるだろう。


共感できましたらばワンクリック(・ω・)/ブログランキン 
グ
posted by ブルースメ〜ン♪ at 12:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 成功へのプロセス(対人術の勉強) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ミラーリング」

初対面の人に会いました。

右半身を合わせたました。

さぁ、次はどうしたらいいのか。

初対面の人との会話に用いるとよいのは「ミラーリング」だ。

人間は似た者同士に好きなのだから。

同じ行動をする人には自然と好印象を得るのだ。

相手の動きに合わせて自分も相手と同じ動きは、鏡に移るもう一人の自分を思わせ、

無意識に安心感を与えることができるだろう。


ラポート(親密な意思疎通が出来ている関係)の構築も早く出きることも

ミラーリング効果の良いところである。

そして重要なのは、ある程度会話が進んだら、わざと動作を崩してみることだ。

例えば会話の途中に水を飲んでみたりね。

そうして、相手が何か動作をするかしないかでラポートの構築が出来ているかどうかが分かるのだ。

相手の動作は何でも良いのである。動くか動かないかが重要なのである。
posted by ブルースメ〜ン♪ at 12:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 成功へのプロセス(対人術の勉強) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

右目を合わせるように座る

男女が初対面で会うときにより印象を受けるもので

一番に上げられるのはルックス(髪型、服装、身長や体型など)で、

ルックスに好印象をもたれれば、2度めに合う確率も上がる。

そして!

もう一つ第一印象に影響を与えるのが、「座る位置」と「立つ位置」である。

一般的に男は女性が自分に対して直角に座っているときがリラックスできる。

視野が広がり、自分が主導権を握りやすい位置に安心感を持つらしい。

そして男女を問わずリラックスできる位置がある。それは、

右半身が向かい合うように、右目が合う位置で立った場合や座る場合だ。

これの心理は人間の脳の使い方によるものなのだろう。

左脳は言語活動を司り、理性的なコミュニケーションや数字を扱う。

そしてそれぞれの目は、逆側の脳によって優先的に支配されている。

要するに、右目を合わせた方がリラックスして会話がしやすくなるということだ。

相手が左利きだったとしてもその効果は大々的に結果を得ることができる。

初めての挨拶を交わす際は、握手をした後に体を左側にずらし相手の右半身に

体を合わせると良い印象を与えることができるだろう。
posted by ブルースメ〜ン♪ at 12:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 成功へのプロセス(対人術の勉強) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

相手と話すときの心理テクニ

相手と話すときに絶大な効果を発揮する心理テクニック。

相手と話すときに相手の気持ちをどれだけ意識して話をしているだろうか?

相手の気持ちを無視して自分の気持ちだけを

伝えることに集中をしてはいないだろうか?

会話するということを考えたとき、「会話は楽しい」ということがイメージ出来なければならない。

楽しくない会話は会話でわなく、口論か無駄口で得るものと言えば、

怒りと退屈な時間だけである。

どんな人と会話するときにもポジティブな空気を作るように会話することを心がけよう。

そうすれば得るものは素敵なものばかりのはずた。
posted by ブルースメ〜ン♪ at 10:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 成功へのプロセス(対人術の勉強) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。